未分類

【三年番茶】相性が抜群なレシピをまとめました(梅醤番茶編)

三年番茶の養生レシピ(梅醤番茶)

お茶はもともと養生の仙薬として日本に持ち込まれました。

三年番茶は、東洋医学で「飲用の手当て」と言われるほど、様々な症状に

対して用いられたとされている万能薬です。

 

今回は、写真付きで梅醤番茶の淹れ方をまとめました。

三年番茶で、ちょっと健康習慣を取り入れちゃいましょう。

 

 

こんな時におすすめ

  • お腹の調子が良くない
  • 疲れを感じる
  • 風邪気味
  • 二日酔い、飲みすぎ
  • 夏バテ、冷え性

 

 

レシピは、とても簡単で、試しやすいです。

 

【レシピ】

湯呑みに梅干しを入れます

(種を取っても、潰しても結構です)

 

 

 

湯呑みに生姜汁を2〜3滴入れる

(擦りおろした生姜でも結構です)

 

 

 

湯呑みに醤油を1滴入れる

(自然醸造の醤油が好ましいです)

 

 

 

 

湯呑みに三年番茶を注ぐ

(煮出した三年番茶がより良いです)

 

 

 

 

 

【その他】

・鼻水、鼻炎にお困りの人が、レンコンのすり下ろしがオススメです。

 

 

とても簡単、相性も抜群ですので、お試しください。

カフェインフリーの三年番茶はこちら

 

 

【三年番茶レシピ】

梅醤番茶の他にも、症状や目的によって、さまざまな淹れ方があります。

梅干番茶(二日酔い、疲れている方必見)

塩番茶(のどの痛い人必見)

醤油番茶(貧血、食欲が湧かない方必見)

生姜番茶(風邪気味、咳が出る人必見)

 

 

それでは、今日はここまで、

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

-未分類

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.