未分類

【三年番茶】入れ方をイラスト付きでお伝えします

三年番茶の入れ方【スタンダード】

茶の淹れ方って、色々あって覚えられませんよね。

特に煎茶は、繊細なだけに淹れ方が少し変わるだけ、全く違う味に変貌します。

その点、三年番茶は茶期、茶種、蒸し方、形状を気にすることなく、

安定した味を出し易いお茶なので、とても有難い!

 

そこで、これだけ覚えればOK

三年番茶の淹れ方についてお伝えします。

簡単なので、身の回りにあれば、トライしてみて下さい♪

 

 

 

【 準 備 三年番茶、土瓶、水

※土瓶の他、やかん、取って鍋などでも可能です

1.土瓶に三年番茶を15g程度入れます

2.茶葉の後に、水を1リットル程度入れます

3.火加減は、弱火にしましょう。沸騰後はとろ火に。

4.20分程度、煮出して完成です。

 

 

【大切なポイント】

・茶葉や水の量は、お好みで結構です。

・20分の煮出し時間は、マクロビオティックなどで教わる時間目安です。

沸騰して、数分でも美味しく召し上がることが出来ます。

・一番大切なことは、コトコト煮出すことです

火を強くして、グツグツ煮出すと、エグ味が強くまります。

 

 

三年番茶の入れ方【水出し】

真夏には、身体が熱くなりやすいため、水出しがおすすめ

飲む時間帯で、煮出しと水出しを変えてもいいですね

 

【 準 備 三年番茶、容器、水

1.容器に三年番茶を15g程度入れます

2.茶葉の後に、水を1リットル程度入れます

3.容器の底が円を描くように回し、茶葉を踊らせます

4.冷蔵庫で約3時間ほどお茶を浸出させます

 

 

 

【大切なポイント】

・茶葉や水の量は、お好みで結構です。

・常温でも可能ですが、お早めにお召し上がりください

 

 

三年番茶の入れ方【急須】

三年番茶を煮出した時、苦味がきついことはありませんか?

 

実は、ブレンドが原因かもしれません。

 

三年番茶のブレンドとは、葉と茎の割合のことで、

煮出す三年番茶は、概ね茎の割合が6〜7割になっています。

しかし、商品によっては葉の割合が半分近く入っていることも。

茶業界では、葉の価格は高いため、贅沢な商品なのですが、

もし、煮出したら苦味がキツい!と感じたら、急須がおすすめです。

 

 

【 準 備 三年番茶、急須、ポット、水

1.急須に三年番茶を5g程度入れます

2.茶葉の後に、熱湯を入れます

3.急須の底が円を描くように回し、茶葉を踊らせます

4.お茶を30秒ほど浸出させます

 

 

 

 

 

 

三年番茶の入れ方【体調に合わせた手当て】

 

 

【梅醤番茶】

梅醤番茶は、万能薬茶とも言われています。

”梅干し+生姜+醤油+三年番茶”

梅干しを湯呑みの中で潰して、生姜汁を2〜3滴と

醤油小さじ1.5杯をよく混ぜ合わせます。

そこに、熱い三年番茶を注ぎ混ぜて出来上がりです。

 

 

それでは、今日はここまで、

梅醤番茶の他にも、症状や目的によって、さまざまな淹れ方があります。

梅醤番茶(写真レシピ付き)

梅干番茶(二日酔い、疲れている方必見)

塩番茶(のどの痛い人必見)

醤油番茶(貧血、食欲が湧かない方必見)

生姜番茶(風邪気味、咳が出る人必見)

 

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

カフェインフリーの三年番茶はこちら

-未分類

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.