未分類

オーサワの三年番茶を検証

オーサワの三年番茶は、どんなお茶なのか?

この記事を見れば、【オーサワの三年番茶】が丸分かり。

【オーサワ 三年番茶】

※オーサワジャパンのホームページより(調査日:2022.9.24)

オーサワ三年番茶の特徴

  • 農薬・肥料不使用 国産茶100%
  • 茎5:葉5
  • 1年以上育生した茎と葉を晩夏から冬にかけて収穫し丸ごと使用
  • 薪火焙煎

農薬・肥料不使用 国産茶100%

農薬・肥料不使用ということは、”自然栽培”系の商品なのでしょうか?

産地は、奈良・岐阜・島根産を記載されており、生産農家は、不特定です。

第三者機関の証明がないのが残念。。

農薬・肥料不使用であること。

残留農薬分析など、証明があると安心ですね。

【おすすめ】三年番茶を選ぶコツは、無農薬の証明と安い、美味しい

 

 

茎5:葉5

 

新茶と異なり、三年番茶の特徴は、「茎」が多いこと。

マクロビオティックでも言われるように、

バランスの取れた【中庸】に近いものが、この三年番茶ですね。

夏晩から冬にかけて丸ごと使用しているため、大きい茎が入ります。

1年以上育生した茎と葉を晩夏から冬にかけて収穫し丸ごと使用

三年番茶の定義は、商品により異なります。

こちらの商品は、畑に一年以上、熟成に2年くらいなのでしょうか?

詳細説明がないので不明ですね。

荒茶で熟成させるほど、カフェインやタンニンの刺激物が

減少すると言われています。

カフェインを気にされる方は、とても嬉しいですね。

薪火焙煎

近年では、電気を使用した仕上げ(焙煎)が主流です。

メリットは、【安価】【簡単】に製造出来る点です。

デメリットは、焙煎香や美味しさが劣る点です。

陰陽の面からも、薪火焙煎はおすすめですね。

まとめ

今日は、オーサワ三年番茶を検証してみました。

作り手と安心安全が証明されたものを愛飲したい!

そんな方は、こちらの記事をご覧ください。

【おすすめ】三年番茶を選ぶコツは、無農薬の証明と安い、美味しい

 

-未分類

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.